ブランディング・コンサルタント阪本啓一率いるコンサルティング会社。独自のノウハウで人材育成・ビジネスコミュニケーション・リーダーシップ研修、ブランディングを行う

コンサルタント・プロフィール

御社のために、予想外の何かをやらかしてくれる JOY&WOW なコンサルタントの面々をご紹介します。

コンサルタント一覧


代表取締役

阪本 啓一
ヘッド・コンサルタント

阪本 啓一大阪大学人間科学部卒業後、旭化成入社。建材部門に19年勤務後、2000年4月に独立。渡米し、ニューヨークでコンサルティング会社「Palmtree Inc.」を鈴木由歌利とともに設立。2006年、「株式会社JOYWOW」を創業。
新商品のブランドを立ち上げ、育成するブランディングを得意とし、国内外で数々の実績を残している。「気づく力」を駆使したオリジナルなアプローチには定評がある。経営者のフィロソフィー(経営哲学)形成、社員のモチベーション向上、育成、組織開発を通じての経営改善に独自の手法を持つ。自社主催のワークショップ、セミナーのほか、外部講師として、ビジネススクールでオリジナル講座を持ち、経営者、ビジネスパースンの育成指導に注力している。『ビジネスを育てる』『パーミション・マーケティング』など、翻訳家、海外思想の紹介者としても名高い。「地球と人の気持ちを消費し尽すビジネス1.0」の世界から「地球と人の気持ちをリスペクトするビジネス2.0」へのギアチェンジを提唱、活動している。

著書
外国語に翻訳された著書
  • 『韓国語版:企画心』
  • 『韓国語版:マーケティング・サーフィン~市場の波乗り術、教えます』(Kugil Media)
  • 『韓国語版:スローなビジネスに帰れ』(KARIM PUBLISHING)
    『韓国語版:ゆるみ力』(J-Books)
電子書籍
  • 『ケーススタディを乗りこなせ!』(Palmtree Inc.)
  • 『プロジェクト・マネジメントの達人になる!』(Palmtree Inc.)
  • 『PDA版:スローなビジネスに帰れ』(PDABOOK.jp)
  • 『五感商品の創りかた~スローなビジネスに帰れ2』
翻訳書
文庫解説
コラム寄稿

取締役

鈴木 由歌利
ヘッド・コンサルタント

鈴木 由歌利文化女子短期大学部生活造形学科卒。森ビル開発株式会社(現、森トラスト株式会社)、株式会社伊勢丹研究所にて、直営店、大規模小売店舗、市場の分析、運営、マーケティングに携わる。1993年渡米、商業インテリア・デザイン会社ディレクターとして勤務、1999年同地で独立、コンサルタントとなる。日米のクライアントはアパレルから飲食、建築、デザイン、TV番組制作会社まで多岐にわたる。同時期にクレア、ブルータス、Sesame等ファッション誌企画コーディネーション、原稿執筆にも注力した。1998年、米国ヴィジュアル・アート学士。2000年、阪本と共にPalmtree Inc.設立、2002年より活動拠点を日本に移す。経営・育成コンサルタントとして、マニュアルや人事考課システム作成から、組織再構築、人材育成等を担当。人に焦点を当てた独自のコンサルティングが強み。全親族が商家であり、幼少期は長唄師範の伯母が営む料亭旅館で育つ。花柳界のしきたりにも詳しく、形だけのマナーではなく、志、矜持を伴う「いき(粋・活き・生き)方、あり方」を提唱する。

■ 阪本からのコメント ■
由歌利は「弱さを知っている強さ」が特長だと思う。

彼女の育ってきた家庭環境やこれまで歩いてきた人生の中で、何度か「深い淵」を見てきている。それが由歌利の「弱さや痛さへのアンテナ」を人一倍、鋭敏にした。人がだれしも持っている痛点への嗅覚と癒しの力は由歌利の右に出る者はいないのではないかなあ。

また、幼少時、花街で育ったことで育まれた美学。特に現代日本の若者たちには、実際に触れてもらいたいと思います。どうやったら美学を身につけられるのか、磨くことができるのか、のアドバイス・ガイドも含めて。

それに・・・由歌利の説教は一度されるとM的にやみつきになります(笑)。


シニア・コンサルタント(※順不同)

川北 睦子
シニアコンサルタント
川北 睦子
  • 11年間、設計事務所や設計・施工会社、ハウスメーカーで住宅設計・監理業務に携わる。一級建築士、福祉住環境コーディネーター2級取得。
  • 1999年からWEBデザインを独学で習得。家づくり支援サイトのWEBマーケティングを実践し成果を上げる。
  • WEB作成・講師派遣会社に勤務。WEBデザイン・パソコンの研修講師と共に、WEBプロデューサーとして官公庁・企業・商店・個人事業主等40件以上のWEBサイトの企画・ディレクション・コンサルティングを行う。
  • 2004年12月独立しEプレゼンスを立ち上げ、"人の熱い想い"を引き出すスキルを軸に、"存在"を表現するWEBや印刷物を使ったブランディングサービスを提供中。
■ 阪本からのコメント ■
チカちゃんがJOYWOWサイトのデザインで応募してきてくれたとき、彼女のサイトに飛んで、まず目に入ったのは笑顔。とびっきりの笑顔。もう、これで、由歌利と顔見合わせ、即決だったね。

それから早いものでもう何年かの月日を一緒に仕事しているけど、ここ半年のチカちゃんの成長ぶりには目を見張っています。何がここまで成長の原動力になっているのかというと、きっと彼女のたゆまぬ成長欲だと思う。成長したい、と思っても、その成長欲を持続させるのは並大抵じゃない。貪欲に、仕事から、本から、人から、メディアから、吸収しているんだろうね。

チカちゃんのブランドプロデュースは、「人の熱い想い」を引き出す力が特長だ。その人、商品、会社の「あり方」をどうやったら魅力的に伝えることができるか。このブランド・コンサルティング・アプローチは斬新で、これがチカちゃんの強みだと思います。■

倉園 佳三
シニア・コンサルタント
ブログzono’s column (※コラムです。)
倉園 佳三
  • 株式会社インプレス・インターネットマガジン編集長などを経て、経営コンサルタント、執筆・編集家として独立
  • 音楽家。1989年にメジャーレーベルよりCDをリリース 
  • 株式会社KDDI ウェブコミュニケーションズ 顧問
  • 葉っぱビジネスの(株)いろどりで有名な徳島県勝浦市および、同県上勝市の要請で、セットトップボックスを利用したIT普及政策、それに伴うホームページ新企画のコンサルを実施。高い評価を得る
  • 著書「すごいやり方」 発行:扶桑社
■ 阪本からのコメント ■
ZONOとのつきあいはかれこれ10年くらいになる。最初の出会いはニューヨーク。
『インターネットマガジン』(インプレス刊)編集長として、インターネットワールドに取材にやってきたZONOと、彼の宿泊しているホテルロビーで。そのあと、ほかの仲間たちと、ニュージャージーにある焼き肉店へ行ったんだ。
一発で意気投合した。店の名前が「友情」だったというのも笑っちゃうんだけど。

その後、一緒にお遊びバンド(ZONO、素人によくつきあってくれたよ)をやったり、ぼくの単行本制作にも関わってくれたり、というつきあいが始まりました。
『スローなビジネスに帰れ』のタイトルは、ZONOがつけたんだよ。
これからわかるように、ZONOの強みは、センスの良さと、ぶれない図太さ。男塾ブログを読めばわかるけど、芯のすっきり一本通った、志と矜持がいいね。まともに組織に所属したことはインターネットマガジン編集部にいた頃だけ、あとはずっとフリーで生きてきた、これまでの道筋がいい。

今は幕末維新に時代の空気が似ている。つまり、「規範がない」んだ。そんな時
代だからこそ、ZONOのような、組織に依存しない生き方が活きてくると思う。
特に10代後半から20代前半の若い男女に、「面倒見のいいアニキ」として、ZONO
の話を聞いてほしいと思います。

高取 剛充
シニア・コンサルタント
高取 剛充
所属
  • 日本ファシリテーション協会セミナー会員
  • 日本山岳会会員
  • 日本野外教育学会会員
  • 東京都スポーツ指導者協議会評議員
資格
  • NLP研究所・NLPマスタープラクティショナー
  • JPCCA認定エクゼクティブコーチ
  • 自然体験活動協議会・自然体験活動インストラクター
  • 日本体育協会・上級山岳指導員
  • 日本キャンプ協会・キャンプディレクター1級
  • PAJアドベンチャーベースドカウンセリング修了
  • CTIコーチング中級コース修了
  • アドベンチャー教育とNLPを取り入れた、独自のカリキュラムは高い評価を受けている。企業研修中心。
  • リコーヒューマンクリエイツ、プロジェクトアドベンチャージャパン、PAA21などでアドベンチャー研修ファシリテーターとして活躍。
  • プロフェッショナル・フォトグラファー
  • NLPコーチとして、経営者向けセミナーなども多数開催
■ 阪本からのコメント ■
ある雑誌取材で対談していた。その写真撮影をしているカメラマンが妙に気になって、対談終了後に、話しかけたのがきっかけ。何やってるの?と聞いたら、アドベンチャー研修という。まったく知らなかったので、説明してもらい、その場で、「いいね!これ、うちでやろう!」ラッキーは自分の会社でもやっているんだけど、JOYWOWでもやる、と言ってくれた。それがきっかけ。

ラッキーの魅力は「つかみどころのなさ」だね。登山家でもあり、NLPもやってる、
チームビルディングの講師もやる。風貌はどこかの山小屋の管理人という感じでそこがまたいいんだけど、正直、ぼくにもまだ彼の全貌がつかめていない。その、「わからなさ度合い」が、ラッキーの底知れぬ面白いところだと思う。 「わかった」と思ったら、また、砂漠の蜃気楼のように消えていく。逃げ水ってのかな。ひげの生えた水ってのも不思議だけどね(笑)。

ラッキーは登山隊長を実際にやってきた人。人の生死にぎりぎりの中で向き合ってきた男だ。だから、簡単な言葉では表現できない。とにかく安心して、100%身を任せてみると、違う景色が見えてくるはずです。ちなみに、JOYWOWカタログのコンサルタントの写真はラッキーが撮ってくれたんだよ。

草野 紀親
アート・ディレクター、ブランド・デザイナー
  • 草野 紀親福島県出身。広告代理店を経て、企業ブランディング、クリエイ ティブ事業部を統括する取締役(ディレクター)として事業全般の 組織運営・サービス開発・マネジメントを行う。
  • また、人気アパレル最大手S社の世界的ブランドの年間プロモーションにおいて、アートディレクター兼クリエイティブディレクターとして参加。
  • 2007年8月より、知的財産コンサルファームにて取締役(最高デザイン責任者)として参加。同社のブランディング構築支援、新規事業プロジェクト ブランドコンサルティング事業部を立ち上げ、デザインと知的財産の専門に特化したブランディングサービスをプロデュース、及び、執行マネジメントを行う。
  • 2009年8月より独立、フリーユニット「TURNEART」本格始動。
フィールド領域
■ブランドコンサルティング(コーポレートデザイン/新規事業計画策定・計画・実施/知的財産活用立案/ブランドコンセプト策定・計画・実施/ブランド・アイデンティティ強化/ブランドデザインシステム開発/ネーミング開発/BtoBtoCコミュニケーション支援/広告宣伝活動支援/販売促進活動支援)
■ブランドデザインコンサルティング(コンセプトに基づくビジュアル表現の策定・ブランドイメージ向上支援・ビジュアルソリューション・デザインマネジメント)
■ 阪本からのコメント ■
ぼくが一番最初にのりちゃんの魅力に強く引っ張られたのは、彼の知的正直さに惹かれたから。初めて会ったとき、たいていの人は「自分はこれができます、あれもできます!」とアピールするものだ。ところがのりちゃんは「自分に欠けている部分はここです。だから、その部分を補完していただければ・・・」という表現をした。

「この人、知的に正直な人だなあ」というのが、のりちゃんの磁力に惹きつけられた一発目だね。

その後、つき合うほどに、彼のトークの絶妙な面白さ、相手から引き出すコンサルティングの上手さ、そして、メジャーリーグ級のデザイン力、発想力の虜になっていった。

人を温かく包みこむ空気感、福島なまりの独特の話し方・・・。
会ったら即、みんな、のりちゃんのファンになるね。保証するよ!■

渡辺 政之
シニア・コンサルタント、中小企業診断士
渡辺 政之
  • 首都圏大手信金勤務中、人事制度構築、融資部で取引先経営支援、関連会社経営管理・広報・マスコミ対策などに携わる。その経験を活かし、経営コンサルタントとして独立。
  • 温泉旅館・病院・美容室・運送業・イタリアンレストラン・建設業等、中小企業のコンサルティングに強い。
  • 金融機関対策、組織開発、スタートアップなどに関わりながら、企業研修・講演などを主に活躍中。
  • SsEP(small success experience program)手法を開発、提唱する。
■ 阪本からのコメント ■
ラッキーと最初に打ち合わせするために、JOYWOWでミーティングをしたとき、なぜかラッキーと一緒にやってきたのがわたさん。「だれ?」って感じだったんだけど、話せば話すほど、「元・銀行マン」という言葉から湧き出てくるイメージが壊れていくんだ。ぼくと年齢が近いこともあって、打ち解けるのも早かった。

真面目そうだし、実際真面目なんだけど、実はやんちゃなんだなあ。ビールが大好きで、フカのように飲む。だからわたさんと一緒の食事のときは、「飲み放題メニュー」のある店を極力選ぶようにしています。

そんなわたさんのやさしさと頭脳の良さが、ミックスしてできたのが 「SsEP(セップ)」です。だれにでも強みはある! わたさんが歩いてきた経験から出てくる言葉に勇気をもらい、また歩きだせる希望をもつことができたビジネスパースンは多い。家族のことを話すときのハッピーな笑顔もまた魅力。

若山 真由美
シニア・コンサルタント、カラー&ブランディング
若山 真由美
  • 20年間にわたり、ディスプレイデザイン、施行、ディスプレイ講師として活躍
    大手百貨店、アミューズメントパーク、ブティック他、様々な業種におけるヴィジュアル・デザインを手がける
  • 1996年よりカラー・ケア・システムを学び、オーラソーマ・カラーカウンセリング開始
    英国オーラソーマ社認定カラーセラピスト
  • 『色と感情、色と思考、色と行動』をテーマにした商品開発、新規事業プロデュース、インテリア・デザインを手がける
  • 日本伝統工芸染色を用いたアパレルブランド、『umu-waka』のデザイナー
  • 2009年春、新ブランド『wacca』をデビューさせる
■ 阪本からのコメント ■
wakaとの最初の出会いは、ぼくが大阪産業創造館で公開セミナーをやって、250人くらいいたんだけど、それでもwakaは光っていた。とにかくカラーがダントツで目立っていたんだね。内容は忘れたけど(wakaゴメン!)、一所懸命にぼくに話しかける、その姿勢がすごかった。その後、阪本塾ブランドコースなどで塾生になり、つきあいが始まった。

wakaはカラーのことになると、天才だ。とにかく右脳が左脳の5倍くらいのCPU能力があるんじゃないだろうか。wakaからカラーのアドバイスをもらえるというのは、一生に一回は味わってみるべき経験だと思います。人間って、英語でhumanって書くでしょ? hue=色のmanなんだ。もともと色とは切っても切り離せないんだけど、ややもすると、「好きな色は**」とか「私のラッキーカラーは」とかそういう、「軽め」の話題でしか、考えたことがないよね? でも、カラーは人生をサポートし、パワーアップしてくれる。JOYWOWはオレンジにこだわっている(これは商売繁盛を願ってのことで、おかげさまで、やっぱり功徳がある)。一度、wakaとカラーについて、話してみると、目のレンズを入れ替えたくらい、衝撃を受けること、間違いないです。お奨めします!

マネージャー

ご縁むすび担当JOYWOWオフィスの顔。マネージャーといっても、“部活のマネージャー”のような役割を担当しています。
コンサルタントたちが、気持ち良く楽しく働くための環境セッティングや、スケジュール管理、また、事務局やメルマガなどをとおして、人と人とのつながりを大切にしながら、JOYWOWとお客様との、心のパイプを築いていきます。
一部では、“腹黒”や、JOYWOWの“裏番長”とも呼ばれています。

▲このページの先頭へ
Copyright © 株式会社JOYWOW All rights reserved.
株式会社JOYWOW お知らせ 会社概要 お問合せ 【株式会社JOYWOW】のトップページへ